ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島問題 日本共産党の見解 2010年10月4日 

 2010年10月4日(月)に 日本共産党が
 【尖閣諸島問題
   日本の領有は歴史的にも国際法上も正当】

   との見解を発表し、政府に伝えました。

 その記事は、ここをクリック

 大見出しだけ、引用します。 (S)

      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

尖閣諸島問題
 日本の領有は歴史的にも国際法上も正当

  ―日本政府は堂々とその大義を主張すべき―

一、日本の領有と実効支配


  近代まで「無主の地」


  日本による領有


  日本の実効支配



二、国際法上明白な日本の領有


  中国は75年間異議をとなえず


  侵略による奪取とは異なる


  戦後の25年間も異議をとなえず


  日本の領有は国際法上も明白



三、領有に関わる紛争の解決のために


      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

                  以上です。


************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************ 



スポンサーサイト

テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

>尖閣諸島問題
>日本の領有は歴史的にも国際法上も正当
>―日本政府は堂々とその大義を主張すべき―

訂正。

尖閣諸島問題
日本の領有は帝国主義的慣習法(国際法)により正当
歴史的には航行の目印、または周辺海域は石垣島・台湾島 両住民の漁場
大儀は無いが排他的所有がまかり通る資本主義社会において、また支那俗物党の覇権主義がいよいよ明白になった今日において、とりあえず日本の領土であることを主張すべき。
領土問題の真の解決は世界が資本主義経済様式から脱皮し、新たな高みである「あのへん、このへん世界」において解決しうる。

  • 2010/10/16(土) 22:16:49 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/998-fa48c42d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロシア大統領の国後島訪問

ちょっとニュースとしては旧くなったかもしれないが、ロシアのメドベージェフ大統領の国

  • 2010/11/04(木) 14:13:52 |
  • 土佐高知の雑記帳

領土問題

 本当に「国民的な」問題なんだろうか? 尖閣諸島問題。じつは、この不毛の島が「私有地」で、国がオーナーに「賃貸料」を支払ってるとか。地主はさいたま在住の結婚式場経営者(...

  • 2010/11/02(火) 01:03:50 |
  • ストップ !! 「第二迷信」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。