ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠物件FDを改竄 前田恒彦主任検事を逮捕!

 きのう(2010/9/21)の朝日新聞のトップ記事は、すごいスクープだったと思う。

「赤旗」も含め他の新聞の朝刊には、このニュースは掲載されていないので、
朝日新聞独自の取材による「スクープ」だったに違いない。

 検察側が描くストーリーに合うように、証拠となる電子データを改竄したという話である。

 改竄したのは、この捜査と裁判対応の中心となっていた
  大阪地検の『エース』と言われていたらしい前田恒彦主任検事
   m9881772.jpg

 朝日新聞がスクープしたその日の内に最高検によってスピード逮捕された。

     *****************

 あり得ない話ではあるが、おそらくこの事件に関わらず、他の事件でもそのようにして証拠をでっちあげてきたのであろう。

 これまでも、一般の刑事事件も含めて、警察・検察のストーリーを覆す決定的証拠を隠匿したり、被疑者の供述に合うように証拠をでっちあげて、その犯行場所に捜索前に置いておくなどという違法行為が行われてきた。

 古くは、松川事件などの労働組合潰しのためにでっちあげられた国策事件もあった。

 最近では足利事件で、警察・検察側のストーリーに合うように暴力的な脅迫・誘導されたことが明らかになったし、ちょっと前には志布志選挙違反事件が全くの捜査側のデッチアゲ事件であったことが判明した。

 しかし、今回の大阪地検特捜部という特別な機関による証拠の改竄は、今後の司法・裁判に与える重大で決定的な影響を考えても(証拠物件は小さいFDではあっても)桁違いの大事件である。

 (もっとも髪の毛1本でも決定的証拠となり得ることを考えると『小さい』FDとも言えないかもしれない。)

********************

この違法捜査に関する今日の「赤旗」の記事は、1面のトップと社説(【主張】・3面)、そして三面記事(15面)である。

しかし、Web版では、【主張】はいつものように掲載されているが、
「1面トップ記事」は掲載されていない。

以下に、【主張】(社説)を引用する。 (S) 

主張
捜査資料改ざん
検察の「正義」は地に落ちた

                  2010年9月22日(水)「しんぶん赤旗」

--------------------------------------------------

 障害者団体向けの郵便料金割引制度を悪用した不正事件の捜査で、大阪地検特捜部の主任検事がみずから描いた事件の筋書きに都合がよいよう、押収した捜査資料のフロッピーディスク(FD)を書き換え、改ざんしていたことが明らかになりました。言語道断な犯罪です。

 捜査の対象となった厚生労働省の元局長は関与を否定し、大阪地裁はさきに無罪を判決しました。罪もない人を陥れるため捜査資料まで改ざんされていたとすれば重ね重ねの重大事態であり、検察の「正義」はまさに地に落ちます。

筋書きに合うように
 改ざんされたFDは、自称障害者団体が郵便料金の割引制度を受けるための偽造された証明書などが記録されたもので、不正に関与したと認めている厚労省の担当者が作成したものです。

 大阪地検特捜部の主任検事は、元局長が政治家などの働きかけを受け、担当者に偽の証明書発行を指示したという筋書きにあうよう、「04年6月1日」だったFDの最終更新日時を、「6月8日」と書き換えて改ざんしたというものです。検察は、元局長が担当者に偽の証明書発行を指示したのは6月上旬との筋書きを描いて、元局長の「犯罪」を立証しようとしていました。改ざんがこの筋書きにあうようおこなわれた可能性は濃厚です。

 実際には書き換える前の記録が捜査報告書として作成され、裁判所に提出されていたため、弁護団などの追及で、改ざんが発覚しました。裁判では元局長が全面的に否認したうえ、検察が示した関係者などの「供述」と客観的な証拠が一致せず、元局長の犯行は否定されました。もし、FDの改ざんがそのまま通っていればと、背筋が寒くなる思いです。

 検察は、警察などの捜査にもとづいて、裁判に持ち込むかどうかを決める権限を持つとともに、独自に捜査する権限を持ちます。東京、大阪、名古屋の特捜部は、そのための専門の部署です。しかし、検察庁はもともと法務省という行政機構の一部なので、その捜査はしばしば時の政府の意向によって左右されるという、批判を受けてきました。

 今回の不正事件で政治的思惑があったのかどうかは不明ですが、少なくとも法律にもとづき公正におこなわれるべき捜査で、捜査資料が改ざんされていたなどということは絶対に許されることではありません。こうしたことがまかり通れば、いつだれが無実の罪に陥れられるかわかったものではありません。文字通り法治国家としての自殺行為です。

検察全体の責任追及を
 改ざんについては最高検察庁も逮捕に乗り出しましたが、ことは主任検事一人の責任ではなく、検察としての責任が追及されるべきです。主任検事は同僚に改ざんしたことを話していたといいますが、なぜ表ざたになるまで放置されていたのか、検察の組織としての責任は重大です。

 これまでの冤罪(えんざい)事件ではたいてい、警察や検察の都合のよい自白の強制や調書のねつ造が問題になり、客観的な証拠との矛盾が追及されてきました。それに加えて客観的な証拠まで改ざんされるとすれば捜査はもはや国民の信頼をまったく失うことになります。
 



***************************

なお、以下に スクープした「朝日新聞」へのリンクを御紹介します。

検事、押収資料改ざんか 捜査見立て通り、郵便不正事件 その1
   その2
   その3

「ほっとした」 村木元局長、1年3カ月ぶり職場復帰 その1
   その2

   TKY201009220254.jpg
復職し、厚労省の玄関で同僚職員らに迎えられる村木厚子さん
=22日午前11時54分、東京・霞が関、越田省吾撮影


************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************ 



この事件に関する事件発覚当時(2009年6月)の「赤旗」記事へのリンク

  この時点では、「検察情報」に頼っている傾向がある。

厚労行政が問われる 小池議員 割引郵便の悪用追及
  2009年6月3日(水)「しんぶん赤旗」

郵便割引不正事件 癒着のトライアングル 厚労省 国会議員 日本郵便
  2009年6月8日(月)「しんぶん赤旗」
2009060815_01_1b.jpg

郵便不正 厚労省局長逮捕 政治圧力の有無は
  2009年6月16日(火)「しんぶん赤旗」  
2009061601_03_1.jpg

    他には見つかりませんでした。



スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

FACTAのデッチ上げ事件

 デッチ上げといえば、日経新聞の元論説委員・阿部重夫による人権蹂躪事件が2010年9月に発生しています。すでにネット上では問題になっています。あらましは下記をご覧ください。

 会員制情報誌「FACTA」編集長の阿部重夫が、ネット上で一般会社員を誹謗中傷したものの、 実はまったくの人違いだったという大失態を演じた。しかも誹謗の根拠自体が捏造だったという無軌道ぶり。
 いくら無名与太雑誌の編集長とはいえ、ジャーナリストを気取る最後のプライドもなくしてしまったようだ。
「FACTA」は会員のみが定期購読することのできる月刊誌。企業や著名人の暴露記事が中心を占める。
 同誌編集長の阿部は9月上旬、自身のブログで8月にS社の決算説明会に参加した際のことを執筆。 司会をしていた証券取引所職員M氏の実名を出してメッタ切りにした。
 しかし、当日説明会で司会をしていたのはM氏ではなかった。
 そのうえ、誹謗の理由も完全なデッチ上げであることが判明。
 事実を歪曲して個人を中傷したうえに、人違いだったという粗相…。

 上記は http://ameblo.jp/takion712/
から引用。

  • 2010/09/22(水) 14:54:45 |
  • URL |
  • つよし #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/992-1eaa6f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。