ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『アンダンテ ~稲の旋律~』を宜しく!

赤旗日刊紙に連載された旭爪あかねさんの稲の旋律が映画化され12月から全国上映される。
主人公の心の映像化と食と農業の問題の映像化を同時に図っているチャーミングな意欲作である。

大型の映画館で上映されるかどうかはわからないが是非そうしてもらえるように応援して行きたい。

アンダンテ 稲の旋律Ⅱ


映画『アンダンテ ~稲の旋律~』公式ホームページから



物語
映画の主人公「藪崎千華」は、母親の強い希望で幼い頃から音楽の道を歩むが、音楽社会の競争は厳しく次第に自信を失くしてゆく。やがて自分自身をも見失い登校拒否となり、大学中退を余儀なくされる。大学中退後、アルバイト生活に入るが、職場での人間関係がうまく作れず、仕事を転々とする生活を繰り返し続ける。そしてとうとう、一日中家に閉じこもるようになり、日毎の両親とのいざこざも絶えなくなってしまう。そんな自分を思いつめた千華は、千葉県の水田へ、「誰か私を助けてください。」と書いた紙切れをペットボトルに詰め、「心のSOS」として置いてくる。暫くして、この水田の持ち主でありペットボトルを拾った広瀬晋平から手紙が届く。その手紙の内容は真剣に千華のSOSに応えようとしていた。千華は、自分はどのような人間か、どうして他人と会うのが怖いのか、長い長い手紙を晋平に送った。こうして始まった千華と晋平の交流は、千華のひきこもり生活を徐々に変化させていくのだが・・・!


コンセプト
Andante(アンダンテ)とは
「ゆっくりと。歩く速度で。」という意味の音楽用語です。

●人間恐怖とひきこもりの生活から、必死に立ち直り、新たな自立の道を懸命に模索する映画の主人公千華。厳しい農業経営の傍ら、食と農業問題に独自の哲学を持ち、土と共に生きる晋平。ピアノの旋律が水田を奏で、稲の成長を育むような、千華と晋平の交流。困窮な貧農体験を内包し、報われなかった自分の夢を、知らず知らずの間に娘の千華に押し付けていた母親の悲しみなど、それぞれの生き方の中で、転機に立つ現代人の葛藤と再生を描く、最大の話題作が今、始動する!

●本映画の原作者である旭爪あかねは、自らの対人恐怖の苦しみや、ひきこもり生活の体験を、主人公千華に反映させている。日本の多くの若者に顕著に現れている現象、何ゆえ現代社会は苦しむ人々を生み出すのか、を本作品の大きな主題として、主人公の心の映像化を可能な限り試みたい。また、食と農業の問題も同じである。日本の食料自給率は39%程度である。安全性に疑問がある安い食品が海外から多く輸入されて、健康な体づくりの面で大いに問題である。食物アレルギーに苦しむ子供たちがいかに多いことか。映画を通じて食と農業の問題を掘り下げたい。そして、社会や自分の為に働く労働とは何か、労働の価値を見つめてみたいと思う。

●美しい田園風景を背景に、登場人物一人一人の悲しみや希望を真摯に見つめ、現代における本当の幸せとは何かを追求し、娯楽映画としても充分に楽しめる、ハイレベルな作品を完成させたい。完成後は、全国での自主上映を積極的に進めます。又、中・高校・大学等での映画芸術鑑賞の普及上映を行い、上映を通じて本作の感動を全国に広げたいと考えています。皆様のあたたかい御支援と御賛同を心よりお願い申しあげる次第です。

映画『アンダンテ ~稲の旋律~』を一緒に成功させましょう!
ご存知のように、映画製作には多大な製作費が必要となります。映画『アンダンテ~稲の旋律~』製作委員会は全国に本映画の製作支援協力運動を展開し、完成後は映画の感動を全国隅々にまで広げ、多くの人々と共に感動を共有する上映運動を広めていきたいと考えています。皆様のあたたかい御支援、御協力を心よりお待ちしております。詳細はこちらをご覧ください。映画「アンダンテ ~稲の旋律~」についてのお問い合わせ、製作協力券のお申し込み・お問い合わせは下記連絡先までお願いいたします。

映画「アンダンテ ~稲の旋律~」製作委員会
■住所/〒189-0013 東京都東村山市栄町3-37-4-207
■電話・FAX/042-396-7815
■メールアドレス/gogo@ggvp.net
■ホームページ/http://www.ggvp.net/andante
■代表/桂 壮三郎

全国 上映・配給会社一覧
http://andante.symphie.jp/zenkokujyouei.php

キャスト
新妻聖子
新妻聖子

筧利夫
cast_kakei_toshio.jpg


秋本奈緒美

cast_akimoto_naomi.jpg

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント

映画アンダンテ古河

私もこの映画全て愛しました。
今後この映画、実行委員立ち上げ、上映するためにまずは、したの宣伝を境町付近をやらして頂く事になりました。よろしくお願いいたします。
協力
茨城県西農民センター住所〒307-0033
  茨城県結城市山川新宿1222-1
  TEL (0296)20-9037/ FAX(0296)35-6039(担当久保)
よろしくお願いいたします。
アンダンテ古河市上映会詳細 ↓
2月6日(日)市民ホール スペースU古河
?10:30~12:30 ?14:00~16:00 ?18:30~20:30 全席自由
〈1回目の終わりと2回目の初めに原作者の舞台挨拶があります〉
前売券 一般1200円、60歳以上・中、高校生・障がい者・介助者1000円(当日はそれぞれ200円増)
前売券、好評発売中! 定員になり次第、前売券・当日券の販売を終了致します。
主催 映画「アンダンテ」古河市上映実行委員会 /〔問合せ先〕茨城県西農民センター ?0296-20-9037(久保)
後 援 古河市 ・ 古 河市教育委員会・ 古河市社会福祉協議会・古 河市・古河文化協会・古河市総和文化協会・古河市三和文化協会・茨城むつみ農業協同組合・わせがく高等学校
プレイガイド オカザキ電機 、ギンゲツ楽器、 長命寺かもじや本店(イトー ヨーカドー店) 久下商店、 古河労音思明堂薬房、 セキグチ書店、 中沢薬品、 江戸屋(八千代)
詳しくは、アメーバ、この映画検索して、私、ゆいまーるブログよろしくお願いいたします。

ラジオ放送で聞いて

アンダンテという映画に非常に心引かれて、ネットで調べたら、何で、赤旗、共産党!!!???がっかり、見たくなくなりました。

  • 2010/10/21(木) 10:26:05 |
  • URL |
  • がっかり #-
  • [ 編集 ]

有難うございます

第二迷信さん

コメント有難うございます。
仰せの通りだと思います。
今後共応援宜しくお願いします。

  • 2009/10/22(木) 06:59:33 |
  • URL |
  • 執筆者K #-
  • [ 編集 ]

むしろ

もともとの「赤旗連載」が、これだけ話題を呼んで、舞台から映画から、
ということに注目していいと思います。

(裏を返せば、この手の話題を他の発行物は連載できなかった)
A日新聞など、フジ三太郎にまで旗を振らせて「コメ輸入」をあおっていた時代があるし。

「こういう作品」をこなすことが、俳優さんたちの実力としてステイタスが上がる、というのが、
俳優界では、けっこうあります。
まあ、S学会やらK同やらの絡みのスポンサーに嫌われるのかもしれないけど。

  • 2009/10/19(月) 19:40:58 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #2CpNAWCc
  • [ 編集 ]

コメント有難うございます

とおりすがりさん

赤旗連載小説を共産党が応援するのは当然でしょう。
ましてや党の重要な政策課題でもある青年の問題や農業の問題を鋭く提起しているこの映画を広めることは大事です。
党が応援するのはマイナスになるというのは時代錯誤の考え方だと思います。

とおりすがりというハンドルネームは責任あるコメントとは見なされないので止めた方がいいでしょう。

  • 2009/10/16(金) 06:55:11 |
  • URL |
  • 執筆者K #-
  • [ 編集 ]

共産党・赤旗はこの映画について前面に出るな
キャストの人たちがそういうカラーで見られたら
迷惑する!!

  • 2009/10/14(水) 14:54:27 |
  • URL |
  • とおりすがり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/882-5adad062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンダンテ ~稲の旋律

これ、かなり面白い。 なんか、東野圭吾の「手紙」の映画版みたいな構成なのですが 農作業をしている人と文通しだんだんと心が軽くなってい...

  • 2010/01/27(水) 01:23:53 |
  • 単館系

モンマルトルの葡萄収穫祭パレード その4

ロワール川流域のSaumur から。

  • 2009/10/15(木) 04:50:02 |
  • イル・サンジェルマンの散歩道

モンマルトルの葡萄収穫祭パレード その3

   楽隊の後にやってきたのが、この乗りのおじさんたちです。左のおじさんは、肩に葡萄の入った桶を吊り下げた棒を担いでいます。それにし...

  • 2009/10/14(水) 06:06:53 |
  • イル・サンジェルマンの散歩道

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。