ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用シンポジウム 第6弾 「正規雇用にさせるために」

2009年5月9日(土) 日本共産党・福岡東・博多地区委員会主催で、

雇用シンポジウム 第6弾 「正規雇用にさせるために」
    安心して働き続けられる社会をつくろう
  が開催されました。

   P5090003m.jpg

 福岡東・博多地区委員会では、2001年以来「雇用シンポジウム」を連続して開催しており、私も第一回のシンポジウムの企画を 「金属・情報支部」の仲間と手伝いました。

 今日配布された資料によると、これまでの5回のテーマは以下の通り。
① 「今日のリストラにどう立ち向かうか」 2001年11月18日
② 「職場はいま、現状は、どうする、参院選」 2004年6月9日
③ 「公務員攻撃・小さな政府とは」 2006年3月4日
④ 「青年の雇用・労働問題を問う」 2006年7月29日
⑤ 「教育基本法改悪で学校はどう変えられようとしているのか」 2007年2月3日
⑥ 「正規雇用にさせるために」 2009年5月9日

今回のパネラーは労働組合ベースで書くと、
全国一般、郵産労(郵便局;JP-Post)、通信労組(NTT)、福岡県教組(学校)

これらの各分野での非正規やアルバイト労働者の状況や問題点を語りました。

今回は、進め方を少し変え、コーディネーターの下記の問題提起に対して
それぞれの職場での状況を話し合うという方法で行われました。
① コーディネーターから 「偽装請負・派遣法違反」に関する配布資料の説明と
  2009年2月の国会質問で志位委員長が政府から引き出した画期的答弁を
  紹介しました。 これについては、当ブログ記事 参照。
② 各パネラーから「職場の非正規の現状」の報告
③ 正規・非正規労働者の混在の中での非正規労働者の「業務の問題点」
④ 各パネラーから「非正規労働者の労働条件」についての報告
⑤ 非正規を正規採用にするためには、どのような運動が必要か?
⑥ 安心して働き続けられる「働くルール(雇用・賃金・労働時間)」を確立するために

実際には、コーディネーターの問題提起と各パネラーの話には若干チグハグな点も
ありましたが、今後への一つのステップにはなるものと思います。 

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************
 
スポンサーサイト

テーマ:ワーキングプア(働く貧困層) - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/807-d2d63563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。