ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガンーーソマリア

 昨日、福岡市のあいれふコミュニティプラザでやっていた 伊藤和也さんの追悼写真展を見に行ってきました。
 昨年、8月、凶弾に倒れて 31歳の短い生涯を閉じた、ペシャワール会の現地ワーカーとして、現地の方々に慕われていた伊藤さんが取った写真です。
菜の花の中で、笑っているアフガンの少女の笑顔が忘れられません。

アフガンへの援助は、武器ではなく、民間の支援を! と言うのがよく判ります。

以前聞いた 中村 哲さんの講演や、甲斐 大策さんの書物で、アフガンが何を求めているのか、今、何が大事なのか、彼らの文化を通してこそ、理解ができるものと思いました。

 武力行使よりも、農業支援や、医療や生活の支援が先です。

 ソマリア派兵 これも 海賊対策を口実にした、中東対策だと見られます。
審議もそこそこにして、「さざなみ」と「さみだれ」が出航しました。
海外派兵は、今後、アメリカの戦略に組み込まれていくものと言っていいでしょう。
日本には、日本のやり方があるはずです。

何故なら、海上保安庁の実績を踏まえた仕事で十分なはずなのに、自衛艦を出航させてしまいました。
今回は交戦も想定している、死体安置所までも準備したという、実に不気味な船出です。

 ソマリアの沿岸警備の人は、自衛艦よりも、生活支援のほうが効果的だと語っていました。
ここにも、アフガン、イラクに共通する問題点が見られます。

武器よりも 生活の支援を!!

 今日、NHK アーカイブス で 加藤周一 さんを取り上げていました。
 『圧倒的で無力な戦車 と 無力で圧倒的な言葉』 
 無力な自衛艦よりも  圧倒的な言葉 で 世界の平和を考えたい そう思いました。

 伊藤さんの 地道な努力を 継承していきたいと思います。
武力よりも、生活支援です。

 日本の国内にも、大企業の派遣切りで職を失った人が増え続けています。
大企業へ対しての雇用継続の指導と、職のない人々への生活支援が必要です。
人間らしい資本主義を取り戻しましょう。

 ルールのない資本主義は、西松建設などに見られるような、違法な政治献金を繰り返してきました。 公共事業を受注するためにゼネコン各社は献金を繰り返しました。
自民も民主も、お金をもらっているので、お互いに何にもいえません。 実にふがいない状況です。

 財界にも、政党にも、また、諸外国にも はっきりと ものがいえる政党が 今 必要です。
 
 加藤周一 さんは こう言っています。 
『時代の閉塞感は爆発する可能性がある。 今、若者は、変革 チェンジ を求めている』
『闘う前に、何が相手なのか、敵は何かを見極める必要がある』 と。

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/769-1828769c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イチローくん狙い撃ちを「陰謀論」で読み解く

僕らは「新自由主義・改憲VS反新自由主義・護憲」の戦いを 戦っており、後者だ。前者は、この戦いに勝つために大きな罠を仕掛けた。 戦いの構図を「自民VS民主」にダミー化したのです。この仕掛けは、 まんまと図に当たった。自民党政治に対する国民の不満は、 民主党...

  • 2009/03/17(火) 18:56:43 |
  • BLOG BLUES

 ソマリア沖自衛隊派遣に強く抗議します

ソマリア沖自衛隊派遣に強く抗議します。 ソマリア沖自衛隊派遣に反対します 2009年02月06日 ● ソマリア人の怒りと悲しみ ・日本の評判 2007年10月23日 ・日本の国際的な軍事貢献の少なさを心配している人へ 2008年10月22日

  • 2009/03/17(火) 06:59:19 |
  • 政治

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。