ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手ゼネコンの迂回献金

 政治家、小沢氏、二階氏はじめゼネコンから政治献金を徴収した政治家たちは、明らかに税金の二重取りです。
一つは、公共工事に支払われた国民の税金を、政治献金のかたちで請求書を出してまで強奪しています。もう一つは、政党助成金の形で、税金を山分けしています。
政党助成金をもらってない日本共産党が、庶民の支援を得ながら、力強い政党活動をしているのですから、他の政党も、やって、やれないはずはないでしょう。

 団体、企業からの政治献金はやめるべきです。  

 政党助成金も廃止すべきです。

政治家は政治献金をもらってフトコロを暖かくし、大企業は見返りに、仕事をもらって、懐を暖めています。 もっとも、それらのお金は私たちの税金なんですがね。 腹立たしいことに。
税金を、もっと庶民のために使うように、政治を変えましょう。

 本題に戻りますが、3月11日の朝日によりますと、
小沢氏側に大手、準大手ゼネコン5社(清水建設、大林組、大成建設、戸田建設、西松建設)は小沢氏の資金管理団体「陸山会」に絡んで、小沢氏側に迂回献金していた疑いがあるとの事です。
ゼネコンは、下請けの協力企業に指示して政治献金をさせていたとの事。

やり方が汚いね。

 一方、二階氏は、日本共産党の井上哲士氏の質問(西松建設とダミー政治団体との関係)に対して、「記憶にありません」と言うほかはなかった。彼の顔は落ち着きがなく、明らかに引きつってみえた。
彼らの、政治献金問題は、今に始まったことではなく、10年以上も前から、たびたび、追求され続けてきた。

今までは、何とか尻尾を掴まれずに、逃げおおせたのだろうが、今回ばかりは、状況が変わっていた。国民も、検察も、そんなに甘くはなかった。 これからは国民の世論が、見張っている。検察も偏った捜査だけで終わらせることはできないだろう。

自民も、民主も、そのほかも、グレーゾーンをひっくり返して明らかにしてもらいたい。

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/767-01fb5345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。