ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・フォンダさん ブロードウェー 46年ぶり復帰へ

2008年11月11日付け「しんぶん赤旗」第6面

外信欄の一角に結構大きな写真入で、
【J・フォンダさん ブロードウェー 46年ぶり復帰へ】
とありました。

紙版では、若々しい写真が掲載されていますが、残念ながら「赤旗」Web版にはなかったので、引用することができません。

               JaneFonda03.jpg

しかし、いつの間にかジェーン・フォンダさんも70歳となっておられたとのことで驚きました。
不見識ながら、まだ50代と思っていましたもので・・・
いまでも反戦集会などにも参加しているようで、気丈な女性です。 ここをクリック

今回出演予定のミュージカルは、フォンダさん演じる音楽学者が、ベートーヴェンが他人の二流曲に影響を受けて33もの変奏曲を生み出した理由を探求する、という物語 = 
   “33 Variations”

“33 Variations” は2009年上半期の開演予定で、ジェーン・フォンダさんにとっては、1963年の“Strange Interlude”以来のブロードウェイ復帰となるとのこと。その他のキャストや劇場、スケジュールは未定。

       janefonda.jpg
          (この写真は記事とは別の場面でのものです)


以下、通信社のWeb版から引用します。

J・フォンダ、40年以上の時を経てブロードウェイ復帰へ
            トムソンロイター  2008年11月5日(水)12:19

 [ニューヨーク 3日 ロイター]
 米アカデミー賞の受賞経験もある米ベテラン女優のジェーン・フォンダ(70)が来年、46年ぶりにブロードウェイに復帰し、「33 Variations(原題)」に出演する予定だ。

 モイセス・カウフマンの脚本兼演出による
「33 Variations」
は、ベートーベンの平凡なワルツに対する強い興味を描いたもので、フォンダが演じる予定の現代の音楽学者がベートーベンのこだわりのルーツを突き止めようとするストーリー。

 フォンダは声明文で「モイセスの新作に出演するのを楽しみにしている。この役をとてもよく理解しているので、モイセスとともに舞台に戻るのが待ち遠しい」と述べた。


    J・フォンダ、40年以上の時を経てブロードウェイ復帰へ(トムソンロイター) - goo ニュース


J・フォンダ、ブロードウェー復帰へ
  =71歳で原点回帰に「強く興奮」

            時事通信  11月6日14時45分配信

 【ロサンゼルス5日時事】
 米女優ジェーン・フォンダ(70)が2009年上半期、71歳でニューヨーク・ブロードウェーのミュージカルに主演することがこのほど決まった。フォンダは1960年の銀幕デビューに前後し、劇団に所属しており、46年ぶりというブロードウェー復帰に「強い興奮を覚える」と話している。
 演目はベネズエラ出身の劇作家モイセス・カウフマン原作の「33バリエーションズ」。フォンダ演じる音楽学者が、他人の平凡な曲に影響を受け33に上る変奏曲を作り上げたドイツの大作曲家ベートーベンの心理に迫るという物語で、フォンダは「舞台に立つのが本当に待ち遠しい」と述べた。




 ************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

スポンサーサイト

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/665-7eb8c3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。