ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大統領にオバマ氏 「変化」願った国民

オバマ氏当選に関する赤旗記事を掲載します。

************************

米大統領にオバマ氏
  「変化」願った国民
     イラク・アフガン・景気

                 2008年11月6日(木)「しんぶん赤旗」

---------------------------------------------------

地元シカゴ
12万5千人集う

 オバマ上院議員の地元、米中西部シカゴ中心部のグラントパーク。ミシガン湖に面する大広場でオバマ次期大統領の誕生を祝おうと、4日深夜、全米各地から約12万5000人が詰め掛けました。

 オバマ氏は1961年生まれの47歳。史上5番目に若い大統領就任となります。

 大きな声援にこたえて演説したオバマ氏は「『変化』が米国に訪れた」と述べ、変化を切望する国民の意思が選挙結果として現れたと語りました。

 「二つの戦争や最大の経済危機」といった現在の米国が直面する課題の克服は「長く険しい道のり」―と認めながら、米国民の一致団結で克服していけると強調しました。

黒人大統領 夢のようだ
 「生きている間に、黒人大統領に投票する日がくるとは」。メリーランド州の投票所でアービング・リスキンさん(90)が語りました。労働組合の元活動家だという白人です。

 黒人のローレンス・グリーンさん(68)は、「立候補すると聞いたときも信じられなかったよ。今日の日が夢のようだ」と感慨深げに話しました。

 公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師が、人種差別の撤廃を訴えた「私には夢がある」演説から四十五年。奴隷解放、公民権運動を歴史に刻む米国が、初めて黒人の大統領を選出しました。

世界の信頼 回復したい
 オバマ氏は、「(マケイン氏当選で)ブッシュ政治をあと四年継続させる」のか、ブッシュ政治からの「チェンジ(変化)」かを有権者に問いました。イラク戦争の「責任ある終結」を掲げ、外交重視姿勢を強調します。

 「オバマ新大統領の誕生で、世界からの信頼を米国に取り戻したい」。メリーランド州のナヤ・ケンマンさん(39)は、一票を託した思いをこう語りました。夫の仕事でタイに住んでいた過去三年間、米国の不人気ぶりを実感したといいます。

 ブッシュ政権は二〇〇一年の9・11同時多発テロ直後のアフガニスタン攻撃に続き、〇三年には国連を無視してイラク侵攻に踏み切りました。開戦理由のウソが明らかになっても、泥沼化する戦争継続に固執しました。米国が世界からの孤立を深めた八年間でした。

経済の方向 転換求める
 今度の大統領選挙で最後まで激戦となったのが、南部のノースカロライナ、フロリダ、中部から山岳地帯にかけたオハイオ、ミズーリ、ネバダの各州です。

 この五州はこれまでは共和党の強い地盤で、前回はブッシュ氏が民主党候補に差をつけていました。

 それが今回、大接戦となり、オバマ氏がミズーリ以外の四州で競り勝ちました。背景にあるのはこれらの州での経済、雇用状況の悪化です。

 低信用層向け高金利型(サブプライム)住宅ローン破たんをきっかけとする金融危機、住宅・不動産関連、さらに製造業での雇用縮小は米経済全体に影響を与え、雇用環境を悪化させています。

 特にこの五州での九月の失業率は、いずれも全米平均の6・1%を上回り、ネバダ、オハイオ、ノースカロライナでは7%台となっています。

 四日、バージニア州で投票をすませた会社員のネーサ・デービスさん(42)は「この間違った経済の方向を転換させてほしい」と、勤労者が切り捨てられていることへの怒りを込めました。

 景気低迷のもとで国民生活の基盤となる雇用状況の悪化。この点からもブッシュ政治の転換を求める声が噴き出し、オバマ候補を押し上げる力となりました。

 (ワシントン=西村央、鎌塚由美)

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP



******************

オバマ氏
差別を乗り越え黒人大統領誕生

            2008年11月6日(木)「しんぶん赤旗」

----------------------------------------------------

 アメリカ国民がまた新しい歴史をつくりました。史上初の黒人大統領の誕生は、長い間の人種差別と偏見の壁を前向きに乗り越えていく人民の力を示しました。世界中でいわれない差別と抑圧、隷従に苦しみ、社会のひずみとたたかう人びとへの大きな励ましです。

 ほころび始めたとはいえ、世界を支配しリードする超大国。その指令塔であるホワイトハウスに、マイノリティー(少数派)の代名詞ともいえる黒人が入ることを、だれが予想していたでしょう。

 奴隷船、「アンクル・トムの小屋」、「ルーツ」…。黒人問題と人種対立は、自由と理想のたいまつをかかげた合衆国の暗部であり、病巣でした。その矛盾はときに犯罪となり、暴動となって爆発しました。リンカーン暗殺(一八六五年)の悲劇を生みました。ケネディの暗殺(一九六三年)も、黒人の公民権運動が盛り上がるなかでの出来事でした。

 軍人として国民的な英雄となり、大統領候補の呼び声が高かったパウエル元国務長官。彼が最終的に出馬を見合わせたのも、人種の壁といわれました。今度の選挙でも、オバマ氏優勢が伝えられながら、有権者が実際に投票する段になればどうなるかわからない―そういった声が聞かれました。

 その懸念を打ち破ったのは、ブッシュ政治からの転換と変化を求める国民の期待と要求でした。イラク・アフガン戦争やごう慢な外交、覇権主義。金さえあれば何でもできる弱肉強食の市場優先主義。その破たんで直面した経済と生活の不安。国の行く末を根本的に変えなければだめだ、この願いと行動が国民を動かし、人種の壁を打ち破りました。社会の矛盾を草の根からの一票の力で正していく力をも示しました。

 「変化」を掲げたオバマ次期大統領のもとで、米国は本当に変わるのか。多くの人々が期待しています。その期待と要求にオバマ氏がどうこたえていくか、世界は真剣に見守っています。(田中靖宏)

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ大統領選挙戦 - ジャンル:政治・経済

コメント

平民のための政府

平民の平民による平民のための政府

(リンカーン)

  • 2008/11/24(月) 21:13:23 |
  • URL |
  • 梅木昭二 #-
  • [ 編集 ]

黒人解放

オバマ候補の場合、「父親が黒人」だというだけで、いわばハーフ。
(日本で言えば、鉄人・衣笠と同じ)

差別を受けてきた黒人が、「暗黒大陸」からの強制連行の奴隷であり、
リンカーン後の「ワーキングプア」だったのから比べたら、
恵まれた「留学生」。

「肌の色」は「売り」ではあるけれど、資本家を向くか労働者を向くか、
これは別問題ですね。

  • 2008/11/07(金) 23:00:17 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #2CpNAWCc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/660-6da43b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

農民に不人気な公明党の農業政策

 よく報道される政党支持率では4~6%を推移している印象のある公明党ですが、実は農家には全く不人気だったりします。  日本農業新聞は定期的に農家に支持政党のアンケートを取っているんですが、ここ2回では公明党を支持する人の割合は0.0~0.4%という悲惨

  • 2008/11/09(日) 18:09:09 |
  • コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。