ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 中央委員会総会 はじまる

 日本共産党の 第6回 中央委員会総会 【6中総】 が昨日始まった。

【5中総】 以来の活動の点検と総選挙に向けての行動方針の具体化を行うものである。
しんぶん「赤旗」読者は、全国的な奮闘にも拘わらず、【5中総】 より減っているようだ。
議員や支部や党員のホームページやブログの広がりについては分析された様子はない。

しんぶん「赤旗」中心の活動、すなわち機関紙中心の活動は「レーニン」以来の共産党の活動のあり方だが、世の中の流れにマッチした活動方向の探究に、もっと注意を向けても良いのではないかと思う。

読売新聞の以下の記事によると、党員は新しく9千人増えたということである。
最高時50万人を数えた日本共産党の歴史からみると、「9千人」はそれほど大きな数字ではないが、他の小党一つ分位を増やしているとも言えない事は無い。

蟹工船ブームも背景に?共産党の新規党員9千人増加(読売新聞) - goo ニュース

 蟹工船ブームも背景に?
    共産党の新規党員9千人増加

              読売新聞  2008年7月11日(金)21:13

 共産党の第6回中央委員会総会が11日、党本部で始まり、志位委員長は、新規党員が昨年9月の第5回総会時から約9000人増えたことを明らかにした。

 同党によると、党員数は1990年の50万人をピークに下落に転じ、2000年以降は38~40万人で横ばいで低迷が続いていた。しかし、昨年9月の第5回総会以降、毎月連続して1000人規模で増え、計9000人増加したという。

 志位氏は幹部会報告で「(小林多喜二の)『蟹工船』が若者を中心にブームとなり、マルクスに関心が集まり、テレビ局は『資本主義は限界か』という企画を立てる。共産党がこれまで体験したことのない新しい状況だ」と指摘。さらに年内に2万超の新規党員を獲得する目標を掲げた。

 一方、志位氏は、来年1月に党大会を3年ぶりに開催し、衆院解散・総選挙に向けた態勢作りを急ぐ考えを明らかにした。

 そのうえで、次期衆院選に向けた構えとして、政府・与党との対決姿勢とともに、民主党への批判を強める方針を示した。小選挙区比例代表並立制では、自民、民主両党との違いを示さなければ、埋没しかねないとの危機感からだ。

 志位氏は「民主党は自公政権との対決戦術を前面に押し出し、政権交代すれば政治が変わるということを唯一の売りにしているが、政治がどう変わるのか中身を明らかにできない。自民党と同質同類だ。民主党への批判を進めることが大切だ」と強調した。

 共産党は第5回総会で、次期衆院選では比例選に重点を置くため、全300小選挙区で候補擁立を目指す方針を転換し、約140小選挙区に絞り込む戦略を打ち出した。このため、民主党から「政権交代という一点で共闘できるのではないか」(幹部)と期待する声が出ていた。 



【関連記事】
共産、比例650万票獲得が目標 次期衆院選の方針確認(朝日新聞) - goo ニュース

共産党6中総がスタート(産経新聞) - goo ニュース

【コラム】 『蟹工船』を読みつつプロレタリアートを考えてみた(R25) - goo ニュース

KinokuniyaBestSeller2008JunM.jpg

「マンガ」化で読者激増!小林多喜二「蟹工船」ブレイクの理由(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース

********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


******************** 
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

×第二迷信さんへ

ポラリスは、左のコラムを見ると2年で12万5千ほどですから、
単純平均すると、アクセス数170件/日ですね。
最近は2百位はいってるのかも・・・

ビラは100人に一人も読んでいないので (これは自ら調査して解っています)、ブログがアクセス者の10人に一人でも読んでもらえたら上々の成績だと思います。

わざわざクリックして来てもらえる訳ですから、皆さん見出し位は見ていただけるものと思いたいですね。
見出しを見て関心のあるものだけでも読んで頂ければ幸い!

  • 2008/07/13(日) 23:13:05 |
  • URL |
  • 執筆者-S #80Zg3Ros
  • [ 編集 ]

商品として…

 べつに「蟹工船」を読めって、誰が「拡大行動」をしたわけじゃないだろうけれど、読んで面白い(いろんな意味があるが)ものなら、1部100円は高くない。
 それでも、毎日届けられて読む気のない人には「ただの資源ごみ」
揚げ足取りのすきなコ・・・・ト氏みたいな党員(?)が、読んでない党員の言い訳をするようでは。

「部数」×「読頁率」で計算しなくちゃならないかも。
(さいきん、連載小説が変わって読頁率が下がってます)

ところで、せっかく「ここ」で話題になってたのを教えてあげたのに、6区浜ちゃん、反応なし? 「数字」で評価されないと動かんかー。

毎日ビラを200枚配ることを思えば、更新するだけでアクセス200件はありがたいと思わなくちゃ。(半分以上「ゴミ」としても、配ったビラと変わらん?)

  • 2008/07/13(日) 19:18:09 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #-
  • [ 編集 ]

しんぶん「赤旗」読者・減!

引き続きまして、
第二章のなかの小見出し
「選挙で勝てる党づくり-」のところ
6中総直前までは、日刊も日曜版も5中総を下回っていたが、最終盤の奮闘で、日曜版は「5中総後の通算で全国的に前進したとのこと。
『通算で』・『全国的に』という条件付なのが意味深ですが。

それに続くところでは、前回総選挙時比ではいずれも89.9%の到達点とのこと。
日刊:89.9%で約3万部減。
⇒ 10.1%(丸めて1割)が3万部とすると、日刊紙の現勢は30万部
日曜版:89.9%で約13万8千部減。
⇒ 同様に、日曜版の現勢は136万7千部
これは、最盛期の半分ほど。

確か勢いのある時は、310万部まで行ったことは知っている。
おそらく、もっと多かったこともあると思う。
当時400万部を目指そうと言う運動をやっていた。20年ほど前か?

さらに、6中総の、そのすぐ後の所では、
「過去5回の国政選挙は、全て前回選挙時比で8割台から9割台の前半という水準でたたかっています」
と書いています。
具体的数字を書いていないので、良い方で見て90%で計算すると
【0.9】 の 『5乗』 となりますから、0.59045
『4乗』 としても 0.6561
8割台もあることを考えると、実質読者数は6割前後に後退していると言えることになります。
日刊・日曜版合わせて170万部弱と言うことであれば、確かに辻褄のあう数字です。

こういう読者の後退がある中でも、
非正規雇用の局面を変えてきた(潮目が変わった、と表現している)など、数々の実績はある訳で、
読者拡大を活動の中心に据えるのは如何なものでしょうか?

  • 2008/07/13(日) 13:31:16 |
  • URL |
  • はかたメンタイ #s7i6XRag
  • [ 編集 ]

インターネットは無視!

6中総を全文読んでみたら、確かにインターネットの活用については一言も触れられていなかった。
最終章、三、「若い世代の中での活動」にも期待したが、格差社会の打破の課題や青年の組織化(民青同盟)については書かれてあっても、インターネットやメール・ネットワーク、メルマガ、ブログなど単語すらない。

  • 2008/07/13(日) 13:04:02 |
  • URL |
  • はかたメンタイ #s7i6XRag
  • [ 編集 ]

福岡県委員会のホームページ更新は7月5日になっていました。
アクセス総数は6万4千ほどで、ポラリスの12万5千にも及んでいない。
荒っぽく、アクセス数だけで評価すれば、ポラリスの方が2倍も社会にたいする影響力があるということでしょう。
もちろん、影響力の実際を示すものではありません。
見た目もあまり吸引力がありません(私の個人的評価です)

  • 2008/07/13(日) 12:57:33 |
  • URL |
  • 執筆者-S #80Zg3Ros
  • [ 編集 ]

あえて言わせてください。

福岡県委員会のみなさま、もっとWebを活用すべきです。
志位演説会の告知はまったくありませんでした。
候補者の方々も選挙が終わると放置か閉鎖。
いくら「みんなが使えない」からといって、これだけ普及していたら無視するわけにもいかないのでは?

  • 2008/07/13(日) 06:18:01 |
  • URL |
  • すーちゃん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/552-2ff62cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

解散!

いや驚きました。格差問題への取り組みも一つの理由として「解散!」の一言で解散してしまったある政党の支部があるとは・・・。

  • 2008/07/14(月) 00:03:11 |
  • 大津留公彦のブログ2

関連記事あれこれ

 ふと思い立って、ネット上で『ロスジェネ』を読んだ感想を検索してみました。  個人的に共感できたなーと思ったのは、以下の記事です。(順不同、敬称略) 彷徨人生 お玉おばさんでもわかる政治のお話 martingale & Brownian motion 夜に猫が住む研究室 音楽友に

  • 2008/07/13(日) 13:41:55 |
  • コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。