ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諫早干拓 開門拒否

 有明訴訟の佐賀地裁判決について 国は 控訴するという。

 実に 理不尽な行為である

机上の環境アセスメントを行うとしているが、時間稼ぎの方法であるとしか思えない。国側の面子をいかにして保とうかという姿勢でしかない。

CO2の問題と同じで、積極的な行動以外、環境を守る手立ては無い。
洞爺湖サミットでも 実効性のある合意は得られなかった。
これについては参加各国から、日本のリーダーシップがなかったと手厳しい批判が起こっている。

諫早湾干拓 見直しの問題も同じで、今の自民、公明の政府は、問題の解決を先延ばしにした。

有明海がどんどん水質悪化して死に掛けているのに、具体的な手を打たずに、机上の空論を並べ立てることなど許されないと思う。

海が死んでしまったら、いったい誰が責任を取るというのか?

こんな状況では、次回の国政選挙で、自民、公明の無責任内閣を倒して、農民や漁民のことを本当に考える政府を立てる以外に無い。

 開門拒否に対して  憤りをもって抗議する!!
 
********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


******************** 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/551-2ca9d84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

諫早湾水門判決~「控訴」のメンツ

 諫早湾干拓地の締めきり堤防の、5年間「開門」調査の地裁判決に対し、「開門」を命じられた国側が「控訴」(毎日佐賀2007/7/11) ありがちな構図ではあるけれど、控訴の中身がお粗末。「控訴のための控訴」としか思えない。「開門は水害や塩害が起きるかもしれないか...

  • 2008/07/20(日) 07:12:10 |
  • ストップ !! 「第二迷信」

岩国から吹く風 (*´∀`)b

記事にするのが遅れましたが、5日に高知市で山口県岩国市の前市長・井原勝介さんの 『民主主義と地方自治のために』 と題する講演会があ...

  • 2008/07/12(土) 01:54:26 |
  • コミュニスタ紅星の幡多荘草紙

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。