ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治に弱い NHK

 『NHK番組改ざん事件』 
「知る権利に背を向けた最悪の最高裁判決」 と題して 醍醐 聡 東京大学大学院教授がしんぶん赤旗に論評を寄せています。

 6月12日、NHK番組「問われる戦時性暴力」の改ざんに対して、市民団体バウネット・ジャパンが提訴していた問題で、最高裁は 原告の訴えを退ける判決を言い渡しました。
 最高裁 第1小法廷(横尾和子裁判長)は、放送の自由、自民党の政治介入について まともな判断ができませんでした。 ここでも 権力に弱い司法の弱点が 露呈しました。

醍醐教授はこういっています。「NHKは放送法に定めた国民の知る権利を(ないがしろにし)戦時性暴力の実態を伝えようとした元従軍慰安婦と元日本軍兵士の証言をカットして、番組の内容を改ざんした。最高裁の裁判官は表現の自由を持ち出して、国民の知る権利に背を向けた稚拙な判断にあきれる」と。

また、「政治家(安倍晋三)の介入に対しても、判断を避け、NHK内部での検討結果であるように描き、(事実を)すり替えてしまった。」

 「まとめれば、今回の最高裁判決は 政治に弱いNHKを 政治に弱い司法がかばい立てした判決といっても過言ではない。」

「視聴者はNHKの優れた番組にには激励を激励を送る一方で、政治に弱いNHKの体質を厳しく監視し、視聴者主権の公共放送を確立する運動を今後も粘り強く続けていくことが重要です。」と結んでいます。

  NHKさん しっかりしてよ と 言いたいです。
  それにしても、司法上層部の 権力に尻尾を振っているサマ ただただ あきれるばかり。

  ********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


******************** 
スポンサーサイト

コメント

 報道前の番組内容への干渉を行った安倍元総理の行為はまさに言論・表現に対する政治介入であり絶対に許されないことはいうまでもなし。報道後に、その内容に異議を申し立てることについては適正な方法であればこれもまた言論の自由だとかの範疇で当然に許されることと思う。だが政治家など、権力を持つ、あるいは権力を持とうと目指すものなどはこの申立を行うことは極めて慎重にならなければならない。
 昨年夏の参議院選挙での「二大政党制」云々で共産党がNHKに申し入れしたという件があった。ポラリスのみなさんが申し入れするのであればこれは今も言ったとおり言論の自由などの範疇で当然に認められることだが、共産党自らが言ったということは私からすると報道内容への政治介入にしか見えない。これが政治介入でないとするならば、今回の安倍元総理の件も「事実を(または公正な内容を)報じよ」との申し入れをした、で終わることになるはず(放送前に安倍元総理が申し入れをしたという点は重大な問題であることに変わりはないが)。昨日の赤旗に「共産党にメディアが注目」という記事が出ていたことと昨年の参議院選挙のことをあわせて考えると、報道機関を共産党の都合のよいように統制しようとしているのではないかと疑いたくもなる。

  • 2008/06/19(木) 18:01:32 |
  • URL |
  • ジャニクワティ #R5v1jcHk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/531-44ac9962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。