ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスター爆弾と日本国憲法

 クラスター爆弾の記事に関して、たくさんのコメントをいただきました。
ありがとうございます。
日本の国の独立性を憂えてのコメントが多かったように思います。
私たちの主張に対して忌憚のない意見を送っていただき本当に感謝しています。
このようなやり取りから、本当の民主主義が芽生えてくると思います。

 たくさんのご意見の中で、多かったのはどうやって自分の国を守るのかと言う観点でした。
ご意見の多くは、軍備をして守る という ごく自然の発想でした。

 しかしながら、私はその意見には組みしません。
日本はアジア諸国への侵略戦争を経験し、その反省から、今の日本国憲法を手にしました。

そこでは、戦争の反省から、今後の国際紛争においては武力を使うことを断固として拒否しました。

 日本国憲法の前文を引用します。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 以上が、日本国憲法の前文の一部です。
私は、これを読むと 武士道を語った「葉隠れ」の精神を思い起こします。
実にきっぱりとした、武士道の精神だと思います。
諸国民の公正と信義を信頼して、国際平和を守るぞ と 主張しています。

 軍事力に頼って軍拡競争をするなんていうのは、泥沼への道です。

日本国憲法は 9条で もっと思い切ったことを言い切っています。

 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 上のように、『国の交戦権はこれを認めない』と言い切っています。
これが今後、世界の進むべき道だと言い切っているのです。

 私はこの主張を支持します。 何度も言いますが、実に武士道的です。

クラスター爆弾や地雷などの兵器では不法侵入阻止の役には立ちません。
それ以前に、何よりも残虐な兵器は持つべきではありません。
(クラスター爆弾、地雷、核爆弾 しかりです)

映画 『さとうきび畑』の終わりの部分で、さんまの演じる写真屋さんが米軍の捕虜を撃ち殺せなくて、上官から射殺されてしまうシーンがありました。人間性を大切にすれば、人の生命を人が抹殺してしまうことなどできないのです。   それを可能にする狂気が 戦争なのですが。

海外からの、渡来は、壱岐、対馬、隠岐、沖縄 等等 本来は自由でした。
お互いの公正と信義を重んじれば、お互いの信頼関係で、国際関係は調和していくと思います。

 クラスター爆弾禁止の記事に関して、たくさんのご意見をいただきましたので、私の考えを述べさせていただきました。

********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


******************** 
スポンサーサイト

コメント

日本の独立国としての軍縮は江戸期のみ

日本の独立国としての軍縮は江戸期のみです。

>日本はアジア諸国への侵略戦争を経験し、その反省から、今の日本国憲法を手にしました。

敗戦によって武装解除され、
新たな戦闘機開発、軍艦開発を禁止されました。
また、米ソ中仏英の軍需利権を守るため、
兵器の輸出を禁止されました。

憲法第9条制定時、この憲法の成立に反対したのは、
日本共産党であり、第9条によってアメリカの隷属国に
なることに反対したのです。

>海外からの、渡来は、壱岐、対馬、隠岐、沖縄 等等 本来は自由でした。

日本が独立国として軍縮を行ったのは、
江戸幕府政権時のみです。その際には、
長崎等の外人居留地以外の渡来は禁止されました。

江戸期の日本の軍縮は徹底したのもので、
国内の傭兵たちの国外追放(国外追放された日本人傭兵は、
東インド会社などの警護のために雇われていきました。)

戦国期に世界最高水準に達していた
鉄砲の開発禁止等々、きわめて厳格な軍縮でありました。

また、戦国期にキリスト教と同時に持ち込まれた奴隷制度によって、
国内の貧民がポルトガル等に奴隷として売られてゆくことも、
禁止されました。

おっしゃるとおり、その平和な江戸時代において、
「葉隠」が書かれたのです。

江戸期の武士道と言うものは、武装闘争を基本とする、
マルクスレーニン主義などとは比べ物にならないほど、
崇高な哲学であり300年間の戦争の無いユートピアを
日本において実現したという事実からもっと学ぶべきです。

  • 2008/06/05(木) 19:43:03 |
  • URL |
  • ブラックオーケストラ #TEwPCl2U
  • [ 編集 ]

>実に武士道的です。

大河ドラマの「炎立つ」
頼朝の軍勢の前に民と文化を守るため藤原氏は権力と平泉を放棄しました。
国が無くなっても民や文化は守られる。。いやいやチベットにおける中国共産党の吸血鬼どもの所業を見るとそうでもないか。
9条完全実施にはワンパワーに全世界が隷属的に屈するか、それとも国家を無くし、今とは違った権力を打ち立てるか。
そのどちらでしか実現できそうにありません。
保守は前者、左翼は後者となるでしょうが、共産党は第3の道?
せめて理屈だけでも検証に耐え得るロードマップを示めさないといけませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/520-7024df26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『リモートホストと大まかな住所を自動的に公開し、ハンドルネームを名乗るシステム』を提案

 自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」

  • 2008/06/04(水) 00:11:20 |
  • 嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。