ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新鋭のイージス艦が漁船も見つけられず

Seitokumaru.jpg


自衛艦、漁船に衝突
  父子の捜索続く
イージス艦を強制捜査
  南房総沖
2008年2月20日(水)「しんぶん赤旗」
---------------------------------------------------------------

 十九日午前四時七分ごろ、千葉県南房総市野島崎の南南西約四十キロの沖合で、米ハワイ沖から帰国途中だった海上自衛隊の最新鋭艦で、イージス護衛艦として国内最大の「あたご」(舩渡健艦長、七、七五○トン)が、同県勝浦市の新勝浦市漁協所属のマグロはえ縄漁船「清徳丸」(七・三トン)に衝突、清徳丸は船体が二つに割れ大破しました。清徳丸に乗り組んでいた親子の行方が分からず、第三管区海上保安本部(横浜)などが捜索しています。横須賀海上保安部は同日夕、業務上過失往来危険容疑で、あたご艦内の強制捜査をはじめました。

---------------------------------------------------------------

 海保などによると、行方不明になっているのは同市川津、船主の吉清治夫さん(58)と長男哲大さん(23)。

 海保の調べでは、あたごの右舷艦首付近に傷がありました。真っ二つに割れた清徳丸は、操舵(そうだ)室がなくなっています。損傷状況からあたごの右舷側から来た清徳丸に直角に近い角度で激しく衝突したとみられます。海上衝突予防法は右方向に他船を認めた側に回避義務を定めており、あたご側に回避義務があったとみられます。

 親子の捜索にあたっていた仲間の船は同日午後五時すぎから次々と港に戻ってきました。岸壁では吉清さんの親類の人たちが出迎え。「ありがとう。お世話さま。こんなものしか帰ってこなかった」と銀色のジャケットを握り締めました。「くやしいよ。イージス艦にはレーダーもついているし、海はべたなぎで、なんでこんなことが」と、唇をふるわせて話していました。

 清徳丸は同日午前一時ごろ、カジキ漁のため勝浦市の川津漁港を僚船とともに出港、伊豆諸島の三宅・八丈島方面に向かっていました。あたごは当時、北に針路を取り航行中でした。現場の天候は曇りで、北寄りの風約七メートル、波高は○・五メートル、視界は約二十キロと良好でした。

 海自によると、当時、あたごでは左右、後方に見張りが立っていたほか、ブリッジには約十人の乗員がおり、海上レーダーも稼働していました。

 海自艦と民間船舶では、三十人が死亡した一九八八年の潜水艦「なだしお」が釣り船に衝突して以来の大事故です。

 海保は令状に基づき、捜査員約三十五人が艦内の捜索に着手。航海日誌やレーダーの記録などを押収し、事故前後の航跡を確認するほか、乗員らの聴取を通じ当時の見張り態勢なども調べる方針です。




********************************
「漁船見えないわけがない」僚船乗組員ら怒りの証言(読売新聞) - goo ニュース

「漁船見えないわけがない」
   僚船乗組員ら怒りの証言

                  読売新聞   2008年2月20日(水)03:27

 国防を支える最新鋭艦が、なぜすぐ近くの漁船を見落としたのか。千葉県の房総半島沖で19日早朝に起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故。

 防衛省が「調査中」を繰り返す中、清徳丸の僚船の乗組員たちは「イージス艦がまっすぐ走ってきた」「相手から見えないわけがない」などと怒りに震えながら、事故前後の様子を証言した。

 清徳丸の親子2人の行方は依然不明で、地元の千葉県勝浦市では、家族や仲間が生還を祈って、真冬の海に必死に手を合わせていた。

 「こっちの船がよけるんじゃないかと思っていたのか、ほとんどまっすぐ走ってきた」

 清徳丸が所属する新勝浦市漁協では、事故当時、現場海域にいた僚船のうち「 金平丸 ( きんぺいまる ) 」の船長、市原義次さん(55)らが19日夕、記者会見に臨み、イージス艦の回避行動の遅れを厳しい口調で非難した。

 市原さんらによると、金平丸がイージス艦「あたご」とすれ違ったのは、同日午前4時すぎ。市原さんはコースが重なっていることに危険を感じ、回避しようとして金平丸のかじを右に切った。

 僚船の清徳丸はその直後に衝突したとみられる。市原さんは、あたごが照明をつけて停船したのも目にしたが、「自分の船を見て止まったのか」と思って、衝突が起きていたことに気づかなかったという。そのまま三宅島方面に向かって操業していたが、午前6時ごろ、無線連絡で初めて事故を知った。

 清徳丸に無線で呼びかけたが応答がなかったため、知らされた位置を確認したところ、ほぼ同艦を回避した位置だったという。

 同席した同漁協の組合長、 外記 ( げき ) 栄太郎さん(80)も、「漁村始まって以来の大事件。乗組員の安否を心配している」「ミサイルを撃ち落とす近代的で優秀な船が、こんな小さい船を壊して、自衛隊はたるんでいる」と怒りをあらわにした。

 同じく僚船の「康栄丸」の船長、中ノ谷義敬さん(61)は「レーダーでは半径約3・6キロ以内に、5隻ぐらい漁船が映っていた。イージス艦に(清徳丸が)見えていないわけがない」と話した。

 防衛省では、午後11時から、この日5回目の記者会見が開かれ、海上自衛隊の河野克俊・海幕防衛部長が「海保が調査に入っており、現時点では確定的なことは申し上げられない」と前置きをしたうえで、ようやく事故の概要を説明し始めた。

 あたごが衝突の直前、急制動をかけて回避行動をとったことを明らかにしたが、報道陣から、清徳丸の存在を見落とした可能性について指摘されると、「調査中」「報告が上がっていない」と疲れ切った表情で繰り返すだけだった。

********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


********************


スポンサーサイト

コメント

どちらをとるか・・・・

「見えなかった」といえば、1400億円もかけたイージスシステムを誇る軍艦の性能にケチがつくし、
「見えていたが避けられなかった」といえば、隊員は何をやってるんだ、という話になる。

ヤケクソで、天下の自衛隊様が通過するのに、ちっぽけな漁船がチョロチョロするんじゃねえ、なんていう奴も出てくる。

だいたいが、原子力空母は米軍も本土では属国扱いのメキシコ国境近くのサンディエゴに母港を置く(海流の関係で、核汚染した水はロス方面には行かない)ものを、
東京湾の入口の「首都圏」に置こうというから、民間船の密集するところに軍艦が入らにゃならん。

こまかい回避動作の問題の前に、根本的な問題がある。

  • 2008/02/23(土) 20:55:57 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #2CpNAWCc
  • [ 編集 ]

これが非自民政権なら
「やっぱりダメだ」でガタ落ち終了だったでしょうね。

自民党政権だからここまでの影響で済んでるかと

  • 2008/02/22(金) 03:09:22 |
  • URL |
  • ゴドルフィン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/462-7b9f5d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公明新聞のイージス艦報道 つづきの話

 この3日間(2/27~29)における、公明新聞で取り上げられたイージス艦関連の記事。数えてみたら以下の通りとなりました。 2/27「防衛省の情報公開適切に 漆原国対委員長」     「イージス艦衝突 『12分前視認』翌朝に報告」     「”公表遅れ”

  • 2008/03/01(土) 00:46:45 |
  • コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG

見えてたのに避けられんのか? 高性能イージス艦

 前回の続報。 漁船に衝突したイージス艦は、漁船の灯火を直前に見ていたけれど、回避できなかった。というニュース。 前に紹介しましたが、海上(空中も)では「右側通行」が原則。 左に赤、右に青(緑)の信号灯を点けていれば、「どっちむき」なのか、遠くからでも...

  • 2008/02/23(土) 20:58:12 |
  • ストップ !! 「第二迷信」

イージス艦、漁船団を避けず直進 僚船GPSで裏付け

 今日また新しい事実が発覚し、海上自衛隊が訂正報告をした。  これまで、青色灯しか見えなかったかのように報告していたものを、12分前には赤色灯を視認していたと訂正した。 イージス艦衝突事故 12分前に「赤」灯目視 海自に回避義務断定(産経新聞) - goo ニュー...

  • 2008/02/21(木) 23:58:34 |
  • JUNSKYblog2008

漁船は見えんのか? 高性能イージス艦

 びっくりした記事が、イージス艦が漁船を撃沈(衝撃で沈めたんだから…)したニュース。【19日午前4時7分ごろ、千葉県南房総市の野島崎から南南西約40キロの海上で、海上自衛隊のイージス艦「あたご」=艦長・舩渡健(ふなとけん)1等海佐(52)、7750トン...

  • 2008/02/20(水) 23:10:25 |
  • ストップ !! 「第二迷信」

衝突事故の報道

 昨日起こった、イージス艦と漁船との衝突事故。行方不明の漁師親子2人の無事を願ってやみません。    きょう付の「しんぶん赤旗」1面。トップは「イージス艦、漁船に衝突 漁師父子2人不明 海自艦内を強制捜査」。この事故をトップに扱うのは一般紙と同じです。

  • 2008/02/20(水) 22:58:45 |
  • コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。