ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林多喜二作品の意義を話し合う 16日・秋田で

 東北を中心に発行されている河北新報配信の記事で以下のようなものがあったので御紹介します。

引用
**********************************
小林多喜二作品の意義を話し合う
    2月16日・秋田で催し

 「蟹工船」などのプロレタリア文学で知られる大館市出身の作家小林多喜二(1903―33)の業績をたたえようと、「秋田県多喜二祭」が16日、秋田市の県生涯学習センターで開かれる。

 作品全集になく、あまり知られていない多喜二が17歳の時の作品「老いた体操教師」を朗読した後、翻訳家の李貴源さん、出版社社長の李相※(日の下に火)さんの韓国人2人を招いてパネル討論する。

 2人は韓国がまだ軍事政権だった1987年、「蟹工船」「党生活者」などをハングル語に翻訳、出版した。討論は「民主化闘争の中で息づいた多喜2の文学」と題し、出版の意義や多喜二作品への思いを話し合う。

 実行委員で、パネル討論にも加わる民族芸術研究所(仙北市)の茶谷十六前理事長は「反日感情の強い韓国で蟹工船が翻訳されていたのは驚き。韓国人が多喜二文学のどこに感銘したのか興味深い」と話している。

 午後一時半から、参加費は資料代1000円。連絡先は実行委事務局018(833)3117。

                       河北新報  2008年01月31日木曜日
**********************************

 なお、小林多喜二の文学については、不破哲三さんも、2月26日に講演を予定しており、その計画について、しんぶん「赤旗」紙上で対談しています。
(残念ながら、しんぶん「赤旗」Web版にはUPされていませんでした。)
 この催しの詳細は、
【小林多喜二没後75周年 杉並・中野・渋谷 多喜二祭20周年】 
  を御覧ください。 【続き】にも掲載しています。
 日  時:2月26日(火) 18時オープニング 開演:18時30分
 会  場:杉並公会堂大ホール
 (ポラリス 『東京特派員』 から、追ってレポートがあるものと思います。)

********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


********************

               ☆☆☆☆☆☆☆

【続き】 です。

小林多喜二没後75周年
  杉並・中野・渋谷 多喜二祭20周年

  
  2月26日(火) 18時オープニング 開演:18時30分
  杉並公会堂大ホール(JR中央線、地下鉄丸の内線 荻窪駅北口 徒歩7分) 
         案内地図
  参加費:前売り 1200円(当日1500円)

  プログラム
  ○オープニング コーラス あさやけ&バンブー
  ○日本民主主義文学会あいさつ 吉開那津子(会長)
  ○ピアノ演奏 村上弦一郎(桐朋音大教授)
  ○多喜二作品朗読 鈴木瑞穂(俳優)
  ○記念講演 不破哲三(日本共産党社会科学研究所所長)
    「時代に挑戦した五年間 ―
      『一九二八年三月十五日』から『地区の人々』まで―」


  主催:杉並・中野・渋谷 多喜二祭実行委員会
      167-0022 東京都杉並区下井草1-29-8
         高木方 電話・FAX 03-5382-3177
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/447-d1b6c7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。