ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

党中央の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点-5

 連載第5回を始める前に、「党創立85周年記念講演会」での、志位委員長の話の、選挙中との矛盾点を指摘したいと思います。

志位氏は、まず冒頭で、
【選挙戦の結果は、比例代表で獲得した議席は三議席、選挙区でも現有議席を失い、改選議席を二議席減らす結果となりました。掲げた目標が達成できず、議席を後退させたことは悔しく残念なことであり、わが党の前進に切実な願いを託して一票を投じてくださったみなさんの期待にそう結果が出せなかったことに、党中央委員会としておわびいたします。】と一応御詫びはしたものの、
続いて
【自公政権の大敗は、それ自体としては、喜ぶべき 前向きの大きな変化 だということを、私は、強調したいと思うのであります。】と延べ、
さらに、参議院選挙で自公与党が惨敗した結果を詳細に論じた後、
【 いま始まった 新しい激動の政治プロセス が、どういう展開になるか、どういう結果に結びつくか。これは、予断をもっていえません。しかし、国民が政治的体験を一つひとつ重ねながら、新しい道を探すことは大仕事であって、恐らくは何回かの国政選挙をふくめた、一定の期間が必要とされることは、間違いのないことだと思います。
 この 新しい激動の時代 を、日本共産党が主導的に切り開くには、政治と理論の面でも、また組織のうえでも、強く大きな党がどうしても必要です。「選挙で党が前進するにはまだ実力が足らない」「どんな情勢のもとでも前進できる党をつくりたい」――これは選挙戦をたたかった全党のみなさんの共通の痛切な気持ちでもあると思います。】と、敗北の原因については何も述べず、
さらに、
【私たちの 目の前に新しい視界が開けて きました。 国民が自公政治に代わる新しい政治を探求する時代がやってきました。 これを前向きに打開すれば、新しい日本への展望が見えてきます。
それを可能にする条件がどこにあるでしょう。日本社会そのもののなかにある。国民と自民党政治との矛盾の深まりのなかにこそあります。みなさん、こんなに胸おどる、たたかいがいのある時代はないではありませんか。】
と言って叱咤激励しています。

 ここには、議席を4割も減らしたことに対する責任感は殆ど見えません。

それは、それとしても、
【喜ぶべき前向きの大きな変化】
【新しい激動の政治プロセス】
【新しい激動の時代】
【私たちの目の前に新しい視界が開けてきました】
【国民が自公政治に代わる新しい政治を探求する時代がやってきました】

  という考え方は、選挙中の方針と矛盾しているのではないか?
 選挙をたたかっている時には、要旨
「民主党が勝っても(日本共産党が伸び無ければ)政治は変わらない」
と言っていたのではなかったのか?
 いつ、方針を変えたのだろうか?
民主党が勝って、自公与党が惨敗しても、世の中は変わらないはずだったのに、
【国民が自公政治に代わる新しい政治を探求する時代がやってきました】
というのは、何故か?

 こういう大きい路線転換を党内論議を経ずにやれるのが「民主主義」ではない、
「民主集中制」の特徴なのでしょうか?

 この「激動の情勢」を自ら切り拓けなかったにも関わらず(論戦は効果があったといつもと同じ言い訳はしているが)、【私たちの目の前に新しい視界が開けてきました】 とは、如何?

 むしろ、限定された政策でも部分的に選挙協力をして、議席面でも党議員を増やす中での自公の惨敗であれば、もっと政治的に大きな影響力を得ることができ、かつ党員や支持者も元気になったと言うものです。

*******************************

【日本共産党中央委員会の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点】
第5回 

は、【続き】をどうぞ


********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



*****************************
しんぶん「赤旗」などのお申し込みや入党の相談や
このブログへのメールは下記へどうぞ。
jcpmetal@yahoogroups.jp
*****************************

【日本共産党中央委員会の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点】
  第5回   第1回へ戻る  第4回へ    第6回へ

     ☆☆☆☆☆☆☆

*******************************

【日本共産党中央委員会の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点】
第5回 
 の、【続き】をどうぞ

なお、以下の中央委員会批判はポラリスの共通見解ではありません。
執筆者-Sの意見です。
***************************
3) 民主党・社会党批判を中心課題の一つとして最終盤まで温存した。

 「7/25,全国総決起集会」では、社民党批判には触れず、民主党に対しても、いわゆるネガティブ・キャンペーンではなく、冷静な対応を表明し、一歩前進ではありますが、こういう問題提起は遅すぎます。
 民主党の「格差是正」とかが、自ら推進してきたグローバル戦略と矛盾する、日本共産党の政策のパクリであることは言うまでもありません。
福岡市長選挙、北九州市長選挙でも民主党系候補は日本共産党の政策をパクリました。
 とはいえ、日本共産党としては、これらの政策を何年も前から調査して労働者の声も直接聴きながら打ち出したものであることを、もっと大々的に打ち出すポジティブ・キャンペーンとして展開するべきでした。
 二大政党の対決と描かれているから、民主党をもっと批判する、「他党批判が肝心も肝心」という論戦では、一般市民やインターネット・ブロガーなどは付いて行けません。
 日本共産党は、一般市民の立場に一度身をおいて、どのように感じているのだろう?と想像してみるべきです。
民主党に儚い(はかない)期待を持つ人々がどのように思っているのかを突き詰めて考えて見るべきです。
そういう思いに身を寄せてから、キャンペーンの中心テーマを考えるべきです。
特に、民主党が共産党批判を展開していない中での民主党批判は、一般市民に「引かれ」てしまいます。

***************************

上記は、選挙投票日前に中央委員会に送ったものです。

【執筆者-S】
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/322-f1a6bd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『参議院選挙についての分析』というタイトルで日本共産党中央委員会にメール送りました

 私から日本共産党中央委員会へ  夜にCMを流さずに党名だけ変えても共産党の議席

  • 2007/09/02(日) 02:17:56 |
  • 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。