ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

党中央の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点-2

【日本共産党中央委員会の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点】第2回

以下は、前回 の続きで、2007年7月29日(参議院選挙投票日)未明(投票前)に日本共産党中央委員会に送信した意見書です。

1.戦略上の誤り

 1)日本国憲法九条を守る大同団結の立場を早々に放棄した。

 昨年(2006年)早々、一部知識人・文化人(きくち・ゆみさんら)を中心に日本国憲法九条を守る「平和への結集」という運動が展開され、アピールが発表されました。
 私は、そのアピールの内容に感銘を受け、早速賛同者に名を連ねました。

 この団体は、それまでの運動体のように「日本共産党排除」を全く謳わず、日本共産党・社民党も含めて九条を護る為の大同団結を呼びかけるものでした。「九条の会」の奥平氏も賛同者に名を連ねていましたので、安心して賛同した訳です。
 そして、しばらくして、「平和への結集」が日本共産党に正式に申し入れをしたということに大いに期待した訳です。

 ところが、日本共産党の対応は、言わば「門前払い」という冷ややかなものでした。
 そして、その後に出された主張や解説では「平和への結集」に解放同盟の影があるだとか、新社会党の党利党略の運動だとかいう悪罵を投げつけました。
 「平和への結集」の綱領的文書「呼びかけ」は論証せず、背景を非難した訳です。
「その顔が嫌いだからイヤだ!」という大人気ない態度です。

****************************
これについては、2006年4月13日に
「平和への結集」からの呼びかけへの対応について
という投書を出しています。
****************************

 これでは、いつまで経っても「統一戦線」や「民主連合政府」などできるはずはありません。

 少なからずの党員が、この態度に失望しました。
インターネット上で、この日本共産党の態度が「護憲活動家」や護憲の論説を張っているサイト(ホームページやブログ;以下同様)から厳しく批判されました。

 新社会党の党利党略かどうかは、運動の中で明らかにして行けば良い事です。もし、そういう態度であれば、護憲派の人々から遊離し、自壊してゆくでしょう。

 ところが、逆に善意の多数の護憲派の人々から「日本共産党が党利党略で、護憲の共同をつぶした」と見られてしまった のです。
 そういう圧倒的なサイトでの「日本共産党は大人気ない」云々の意見表明の中で、私たちのブログはこれを打ち破ることは非常に難しいことでした。

 ただ、投票日直前の現時点においては、そういう日本共産党を批判するブログの中にも、この間のコメントやTBの交流の中で、「比例は日本共産党」というキャンペーンを行なってくれているところもあります。

 私は、「平和への結集」に合流しなかったのが悪いと断言する訳ではありません。
 しかし、門前払いを食らわせたのなら、これに変わる『憲法九条を守る大同団結』を日本共産党から呼びかけるべきところを、「そういう運動は有害だ」と拒否し、社民党の福島党首の呼びかけも断ったことに、「本当に憲法を守る意志があるのか?」と疑っているところです。

 「結局、国民投票頼りではないか?」というのが現時点での思いです。
 また、現時点では批判を弱めてはいるようですが、社民党に対しても、「護憲・平和、格差の是正、最低賃金千円など」共通する問題で「大同」団結するのではなく、改憲の民主党と選挙協力をしているという「小異」を強調するという戦術を当初取っていました。

 もし、1年前に護憲の「大同団結」戦略を取っていれば、護憲・平和・民主勢力は大きく燃え強い力を作り出したでしょう
 そして護憲だけれど民主党(たとえば、とくらたかこ)を支援している人々の多くは、護憲・平和「大同団結」候補を支援していたでしょう。

 日本共産党の器量の狭い対応は、平和・民主勢力を団結させる機会を奪ったと言わなければなりません。

 そして、党員が立ち上がらない一つの原因は、この「喪失感と失望」あると思います。
「そういう証拠はあるか?」と言われれば、少なくともこの私はその一人です。
(それでも、ポスター張り、ビラ配り、読者や支持者への呼びかけなど「最低限」の日常的運動はこなしていますが・・・)

***************************
【執筆者-S】

以下、連載が続く予定です。

********************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



*****************************
しんぶん「赤旗」などのお申し込みや入党の相談や
このブログへのメールは下記へどうぞ。
jcpmetal@yahoogroups.jp
*****************************

【日本共産党中央委員会の参議院選挙への戦略・戦術の疑問点】
  第2回   第1回へ   第3回へ
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

がんばれ。超がんばれ。

TB、ありがとうございます。『しかし、いまどきこういう意見表明を「規約違反」などと言っている政党は将来性がありません。国民の支持も広くは得られないでしょう。』まさに、その通りなんです。共産党の閉鎖的体質に風穴を開けましょう。今の政治の仕組みを変えたくない連中にとって、共産党が今のままなら大喜び!そのうち比例区定数を削減して、完全に息の根を止めれば好いと考えているのですから。戦いなのです。先手を取らねばなりません。一刻も早く、広く国民に開かれた存在となり、小選挙区でも当選できる、政権を奪取できる政党に生まれ変わらねばなりません。合言葉、いいっすか、せーのォ「日本共産党を日本共生党に」!

  • 2007/08/20(月) 15:56:22 |
  • URL |
  • BLOG BLUES #-
  • [ 編集 ]

規約違反?

みなさん御意見ありがとうございます。

 第二迷信さんは、このブログやあちこちのブログに御意見を出されているようですが、下記の表現から「党員」らしきことが判りました。

 さて、規約違反の件ですが、その可能性は否定できないか?とも考えます。
しかし、いまどきこういう意見表明を「規約違反」などと言っている政党は将来性がありません。
国民の支持も広くは得られないでしょう。

 なお、第一回にも第2回にも書きましたが、この「戦略・戦術の問題点」は、投票結果が出る前に、日本共産党中央委員会に(所属地区・支部・氏名などを明記して)メールで投書したもので、回答を求めましたが、「自動返信」のみであり、なんら具体的な回答は、ありませんでした。

そういう意味では日本共産党中央委員会が「規約違反」を犯しているとも言えなくもありません。
>第5条の6
 党の会議で、党のいかなる組織や個人にたいしても批判することができる。また、中央委員会にいたるどの機関にたいしても、質問し、意見をのべ、回答をもとめることができる

 その上、その投書の最後に「回答なき場合は、ブログで公開する」旨、明記しています。
回答がなかったということは、黙認したとも取れます。

 「民主集中制」についても意見交換が行われているようですが、筆者は現規約の内容は「民主集中制」ではなく、単なる「民主主義」の基本原則に過ぎないと思っております。
 そういう意見も、規約改正がテーマになった党大会に向けての「議案討議」に投書したこともあります。

 しかし、誰も結果に対して責任を取らない点では、「民主主義」が機能していないと言えます。
民主主義が機能していないのですから、当然「民主集中制」も形骸化しているということになります。
「日本共産党は、選挙結果で党首の交代などする党ではない」という言い方が、『当たり前のように』言われることの方が、異常だと思います。

 責任を取って党首の交代という「緊張感」が無い事が、志位委員長になってから、国政選挙で連敗し続けている原因の一つではないかと私は考えています。
 この間、あれこれの単独の地方選挙では画期的勝利の経験を積んで来ているのに、「国政選挙」に連敗し、そのつど結果を『正当化』してきて、全面的な総括を行って来なかったのが今回の結果に繋がっていると思います。
 こういう問題点の指摘は、残念ながら 党の機関を通じて地区委員会・都道府県委員会・中央委員会と上げてゆく中では、事実上切り捨てられてゆくのが実態です。
この問題点を補完するのが、先ほどの
>第5条の6
 党の会議で、党のいかなる組織や個人にたいしても批判することができる。また、中央委員会にいたるどの機関にたいしても、質問し、意見をのべ、回答をもとめることができる
でしょう。
しかし、これさえも機能不全を起こしているようです。

  • 2007/08/19(日) 11:35:15 |
  • URL |
  • 執筆者-S #96q68/9Y
  • [ 編集 ]

相手を見ること

私は、まったくの個人の立場で好きなことが言えるのだけれど、
「安易な共闘」というのは、あえて避けたほうがいい場合も多い。

たとえば、前回の「郵政選挙」で、亀井静香と「共闘」できますか?
「革マル派」が横暴を重ねてるといって、「中核」と協力できないでしょ?
(「解同」なんか、憲法違反あっての存在意義)

「その場」の選挙をたたかっても、後で裏切られた場合「お前も支持したやんか」と非難を受ける。
京都市長選挙で、さいしょは革新勢力のもとで当選した市長が、自民党に寝返ったりすることが平気であった。

市民的運動としての「9条の会」が運動を広げていることと、
立法機関である国会議員選挙をにらんでの「共闘」は、性格がまったく別。

それぞれの団体は、それぞれの道をきちんと示した上で、有権者の判断を仰ぎ、結果、協力できるところで協力する、というのが正しいと思う。
「民主連合政府」構想でも、始めから「統一戦線比例名簿」なんかで戦うことは想定してないと思う。

沖縄の統一候補は、喜屋武さんの時代から、政策協定をかわして、「無所属」の立場で行動するのを前提になっている。
たまに、「社会党」やら「民主党」から出る、という候補者とは共闘しない。
(もし、「社会党候補」を支持してて、自民党連立で消費税5%を強行されたら、とばっちりを食う)

  • 2007/08/19(日) 08:30:33 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #2CpNAWCc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/315-037b00fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

護憲勢力最強のライバル小沢一郎

テロ特措法延長にNOを明言した、イチローくんが評判だ。さもありなん。イチローくんは、現政界において、きわめて稀な道理を重んずる政治家であり、最良の保守党人であろう。当ブログでも以前、「小沢一郎の道理」をエントリーUPしたほどだ。もし、あなたが、純一郎クンや晋

  • 2007/08/20(月) 16:01:15 |
  • BLOG BLUES

『政権担当能力』

 喜八ログの記事『政権担当能力』の内容に共感しました。よそからの引用らしいのです

  • 2007/08/18(土) 21:51:44 |
  • 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。