ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤務医の7割 48時間超労働

2007年4月11日(水)「しんぶん赤旗」

勤務医の23% 週64時間超労働
  48時間超7割

-------------------------------------------------
 病院で働く勤務医の七割は、一週間の勤務時間が法定労働時間(40時間)を上回る48時間以上に達していることが十日、日本病院会の調査で明らかになりました。

 調査は昨年七月、全国の2,535病院を対象に行い、
5,635人の勤務医から回答を得たもの。
同日開かれた厚生労働省の地域医療支援中央会議で報告されました。

2007041101_04_0.jpg


 当直を除いた一週間の勤務時間は、
「48~56時間未満」が26.1%で最も多く、
「64時間以上」(23.2%)、
「56~64時間未満」(20.8%)と続きました。
「40時間未満」は4.1%にとどまりました。


 夜間当直をしている人は71.6%で、
一カ月の平均夜間回数は
「二回以内」が41.9%、
「3~4回」が40.8%でした。
5回以上という人も17.1%いました。

 当直の翌日も「普通勤務をせざるをえない」人は
88.7%にのぼりました。

 医療ミスの原因と勤務状態との関連(複数回答)では、
「過剰な業務のために慢性的に疲労している」が71.3%で最多。
次いで「患者が多く一人当たりの診療時間、密度が不足がち」が62.8%でした。

 勤務医不足の要因は
「過酷な労働環境」(61.0%)をあげる人が最も多く、
その対策では「国が医学部の定員数増、前期研修を含め医師の適正配置に責任を持つべきである」が47.2%で最多でした。(いずれも複数回答)

*****************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


*****************************
しんぶん「赤旗」などのお申し込みや入党の相談や
このブログへのメールは下記へどうぞ。
jcpmetal@yahoogroups.jp

日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

スポンサーサイト

テーマ:医療と行政 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/208-8c506b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。