ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3の開国 TPPについて

 1月18日の朝日新聞の オピニオン (11ページ)はおもしろかった。

TPP (環太平洋パートナーシップ)についての意見です。

東大教授 戸堂氏 と 京大助教授 中野氏の意見。

戸堂氏は 経済成長を 技術の進歩にだと言い、開国し グローバル化を進めるべきだと説いていました。

しかしながら TPPは アメリカの世界戦略であると言う本質を 見落としている点で 机上の空論の域を脱していないと思いました。 しかも、日本の大企業はすでに海外に 主要工場を移転して島っているのです。
今、必要なのは 政策的な雇用の拡大と、公共投資による内需の拡大だと思います。

一方、中野氏の主張は 国内需要によって 企業は伸びてきたと言う 足が地についた論理の展開です。
よくわかります。

国内生産が多かった 20数年前 M電器では 国内に協力工場がたくさんありました。
協力工場の 生産技術の向上で M電器自体も いい製品を作り出していました。
しかし、今では 海外の賃金の安い国に 生産工場を移転してしまったので、生産技術のフィードバックが的確にできない状態になり、新製品の開発は停滞気味です。 残念なことです。

また、TPPは アメリカの世界戦略に乗ろうとする日本の一部大企業のプランであることを指摘し、デフレが進み、円高で国民の生活はますます悪くなる一方だと説明しています。

日本のGDPに占める輸出産業の占める割合は20%で、TPPは この20%のために大多数の国民経済を踏みつけてしまう危惧があります。
20%の輸出よりも、内需拡大が重要だと言う主張には 頷けるところが多くありました。

この主張の対比 明らかに 京大中野助教授の TPP不要論に 軍配を挙げます。

 戸堂氏が 抽象的な論を展開していたのに対し、中野氏の論調は はるかに具体性に富んでいて、読む人にわかり易かったです。  (Y)

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

抽象的な事しか言えないのは政治の方向性がしっかりしていない証拠だと思います
明らかに法に反する行為ばかりしているのに、いまだに政治家であるとは許しがたい…! 徹底的に悪政を暴く必要があると思います

  • 2011/02/02(水) 10:01:13 |
  • URL |
  • H #-
  • [ 編集 ]

 この様な記事の拡散のため、他の支部でも積極的にブログをネットにアップすべきだと思います。

 なぜもっと、ネットを利用しないのでしょうか?
それほど、大変でないと思いますが???

 今後の活躍を期待します!!!

  • 2011/01/29(土) 19:42:07 |
  • URL |
  • sunrise #-
  • [ 編集 ]

国際競争

「20%の輸出産業」ですら、海外生産拠点を展開しているので、
自由化になっても「国際競争力」はかわらない。 

アメリカで作ったトヨタ車とアメリカで作ったGM車の「競争」

結局は「ワーキングプア」の国際競争力として、いかに安く労働力を買い叩けるか、
の状態になるのは確実です。

労使協調派の「連合」系の組合が「推進」に加担するのは予想できますが、
「全労連」の組合にしても、まだ「TPP」を「農業問題」で扱ってるような風があります。
自らの問題ですよ!!

  • 2011/01/29(土) 14:57:00 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #2CpNAWCc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/1017-5b43a896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポスターを 貼ってほしい・・・♪(幸徳秋水刑死百年墓前祭)

♪世界中の 街角に ポスターを貼ってほしい・・・♪ 去る24日、とある墓の前に集った250人の人達の『献歌』が響き渡りました。

  • 2011/01/31(月) 23:09:02 |
  • コミュニスタ紅星の幡多荘草紙 ~取り戻そう 共生の国・日本。~

倒閣への道標

 菅内閣を倒すのに、考えてみると、「菅一派は悪い、小沢一派も悪 い」などと言っていては政治にならない。  政治とは常にアンチテーゼの力学だ。  菅を降ろすには、この際は、小沢の力と他の勢力の大同団結が必要 となる。    ① 小沢 ...

  • 2011/01/29(土) 17:16:49 |
  • 俳諧奉行のブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。