ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院定数是正 『西岡議長たたき台』 は如何?

 本日、【JUNSKYblog2010】 さんから久しぶりにトラックバックを頂いた。

参議院選挙定数是正 『西岡議長たたき台』 を評価する内容のものである。

しんぶん「赤旗」 では、この案が出された翌日に記事が書かれている。

  参院「1票の格差」問題 西岡議長 是正案を提示

 その中身は以下の通り 

 2010年12月23日(木)「しんぶん赤旗」

参院「1票の格差」問題

西岡議長 是正案を提示

市田氏 民意反映する制度に


 西岡武夫参院議長は22日、国会内で開かれた同院の「選挙制度の改革に関する検討会」で参院選挙区ごとの1票の格差を是正するための選挙制度見直し案を各党に示しました。

 「見直し」案は、現行の総定数242を維持しつつ、都道府県単位の選挙区と全国比例区をいずれも廃止したうえで、全国を九つのブロックに分割。政党名か個人名で投票する「非拘束名簿式」による比例代表選挙を採用し、今年の参院選当時(7月)の有権者数に応じて定数を各ブロックに比例配分することで、1票の格差を最大1・153倍にまで抑えるとしています。

 西岡議長は、来年の通常国会会期内にも「見直し」案の立法化を図り、成立させたいとの考えを示しました。

 席上、日本共産党の市田忠義書記局長は、「選挙制度を考える場合、どの党に有利だとか不利だとかではなく、民意を議席に正確に反映する制度にすることが望ましい」と主張しました。また、提案で西岡議長が衆院との「整合性」について述べたことに言及。「衆院比例定数削減とセットでの参院選挙制度の『見直し』には同意できない」と強調しました。

 一方で市田氏は、
「見直し」案について、「党に持ち帰って検討するが、定数を減らさずに1票の格差を是正するという立場は前向きだと思う」
 と表明しました。
その上で、選挙制度の見直しは院の構成を変えるものである以上、
「議論によって合意が得られない場合、多数決で決めるような性格のものではない」
 と指摘。
 あくまでも全党の合意で決めるべきだと主張しました。

 各党は「見直し」案を持ち帰り、それぞれ党内で検討することになりました。 


2010122301_03_1b.jpg
    (上の表も「赤旗」Web版より引用)

 つまり上記の是正案は、市田書記局長としては「前向きだと思う」との考えのようだ。

 この12月23日付けの記事以降、Web版では関連記事は見当たらない。

 上の表の定数は、実際の選挙では半数改選となるので、半分の数字
すなわち、北海道では定数6、南関東では定数22となる。

 【JUNSKYblog2010】 でも言及されているが、
日本国憲法第46条で、「参議院の任期6年で、3年ごとに半数改選」 と定められているので、
憲法を改正しない限り、この点は変更できないのである。

      ************** 

 ブログ筆者としては、現行制度の「選挙区選挙」+「比例代表選挙」との考え方を
一旦廃棄して、選挙区を全廃してブロックごとの比例代表制にするという提案は、
おおいなる改革案と思うし、民主主義の原理にもふさわしいものとして賛成である。

 実質的に定数1が殆どの小選挙区制度に近い「選挙区選挙」が廃止されれば、
中小政党の当選の機会も増え、それだけ多様な民意が反映され易くなると思う。

 まだ、党中央委員会が 「公式見解」 を出していないので、
自らの考えを述べても良いだろう!(S)

************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!



日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************


 
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

参議院議長として画期的な提案だと思う。どういう経過が周辺にあったのか知らないが、これまでの氏とは違うという意味で西岡氏を見直した。都道府県単位の地方区にこだわるかぎり、また、定数を思い切り増やさない限り、不公平是正はできないと思う。大政党であっても、西岡提案に反対するなら、有力な対案がなければならないが、考えられない。ただ、警戒するべきはこれに乗じて定数そのものの削減案が出ることである。日本の国会議員定数は減してはならない。

素朴に・・

なんで、「福井」が「関西」なん?
誰の案なのか知らないが・・・。
(北関東と長野新潟、なんて単に、「地図を見て線を引いただけ」で、
 「どういう有権者の代表」なのか、理解できない。 
茨城から新潟まで直通の交通機関がありますか? (東京や大宮なら「中心」になりうるだろうが)

無理して区分けするより、「唯一の全国区代表」である現行の比例区は必要だと思いますね。
 「国民の代表」であって「都民の代表」ではない。

「中国」と「四国」をいっしょにするぐらいの「豪快な」わけ方をするなら、
「東北」と「北海道」をいっしょにしてもいいのでは?
「選抜高校野球」の出場校は、「東北・北海道」で選んでます。

参議院の「半数改選」制度そのものは、「何があっても、国会議員ゼロ状態」を作らないためには必要なことなので、
これをやめることを「改正」とは思いませんね。

ちなみに、現行の『比例』48議席で、1人当選するのに2%の得票が必要ですが、
「南関東」の22議席では5%ほどの得票が必要。

(「関東エゴの公約」で5%以上得票する「少数派」はいるかもしれないが、
 「広く全国民に日本の行く末を訴える、地味な候補者」が、特定の「地盤」をもたず、「死票」になる可能性は大きいと思います。

  • 2011/01/02(日) 00:54:55 |
  • URL |
  • ×第二迷信 #EEOsZA66
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/tb.php/1010-cfabe732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。