FC2ブログ

ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

日本共産党 比例3議席 に留まる

参議院選挙の最終投票日を2日過ぎた、2010年7月13日(火曜日)。

皆さんの応援と御期待にも拘わらず、日本共産党は、比例代表選挙で、
目標とした 650 万票の僅か 54.8%の、 3,563,557 票の得票しか得られず、
比例議席3議席に留まりました。

御支援ありがとうございました。

参議院選挙の結果について
  2010年7月12日 日本共産党中央委員会常任幹部会
          2010年7月13日(火)「しんぶん赤旗」 


*****************

当選した候補者は、
市田忠義書記局長:83,806票、
大門実紀史:45,669票
田村智子 :43,897票
 の3名で、
私たちの地域割となっている仁比聡平さんは、33,614票(4位)で落選しました。


ところで、共産党は比例区では「党名投票」を優先したために、個人得票数は、
市田書記局長でさえ 83,806 票しか出ていません。(共産党の得票数の僅か 2.35%)

これでは、過去の得票数を一つの基準に、地域割をしている意味がありません。

仁比聡平さんは、九州・沖縄・中国・四国など広大な地域を受け持って
東奮西走しているのです。
それなのに、33,614票とはあまりにも張り合いが無いではありませんか?
これは、他の候補者でも同様です。

一般有権者への呼びかけは別として、党員・後援会員には、
個人名投票をお願いするべきです。

当支部に「比例の投票は仁比聡平さん」と連絡があったのは、既に期日前投票を
済ませた最終投票日(7月11日)の僅か1週間前でした。

私は、福岡市から出ている小林とき子(もちろん共産党比例候補)に入れた後でした。

公示日の翌日からは「毎日が投票日」という位置づけに事実上なっていません。

こんな状態では「仁比聡平さんを国会へ送る」という選対の「強い決意」とは
裏腹と言わなければなりません。

共産党 比例3議席獲得 

   市田・大門・田村氏が当選
                2010年7月13日(火)「しんぶん赤旗」
------------------------------------------------------

 第22回参院選挙は11日即日開票され、12日未明に改選121議席(比例48議席、選挙区73議席)がすべて確定しました。日本共産党は、比例代表で356万3557票を獲得(得票率6・1%)、3議席を確保しましたが、改選4議席には届きませんでした。小池晃党政策委員長を立て絶対確保を目指した東京選挙区では、55万2187票を得ましたが、及びませんでした。

 比例代表では、市田忠義、大門実紀史(みきし)の両現職が再選を果たし、新人の田村智子氏が初当選しました。現職の仁比聡平氏は議席を失いました。比例の得票は前回の2007年参院選比では、得票数で84万4375票減、得票率ではマイナス1・4ポイントとなりました。

 選挙区選挙では、議席獲得ならず、総得票は425万6400票で、07年参院選比で90万8172票減でした。

 民主党は与党過半数に届かなかったばかりか、改選54議席をも大きく下回り、44議席の大敗となりました。比例では第1党となりましたが、選挙区では神奈川で千葉景子法相、栃木で簗瀬進参院予算委員長など有力議員の落選が相次ぎました。

 一方、自民党は選挙区の獲得議席で第1党となりましたが、比例の得票数は約1407万票にとどまり、橋本内閣の下で臨んで惨敗した1998年参院選を下回りました。消費税増税をめぐり民主党に批判が集まるなか、国民の支持が自民党に戻る形とはなりませんでした。全体では民主党を上回る51議席を確保しました。

 みんなの党は選挙区で3議席、比例で7議席を獲得しました。公明党は改選を2議席下回り、9議席を獲得。社民党は改選3議席から1議席減の2議席でした。
 


2010071301_02_1b.jpg

*******************************

【供託金問題】

さて、選挙の際恒例の供託金没収額ですが、基準は下記の通り。

kyoutakukin01m_20100713212733.jpg

これに当てはめて比例代表選挙の供託金没収額を計算してみますと。

候補者数:18名  当選者:3名
一人当たり供託金額:600万円
没収ポイント:18-(3×2)=12

没収金額:600万円×12=7,200万円


選挙区は、ちょっと面倒なので、今日は省略。 (S)


************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!




日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP

************************

スポンサーサイト



テーマ:2010参院選 - ジャンル:政治・経済