fc2ブログ

ポラリス-ある日本共産党支部のブログ

日本共産党の基礎組織である支部から世界に発信します 多くの支部がブログを開設され、交流を期待しています

「消えた年金」5千万件

 5千万件(正確には、5,095万1,103件)にのぼる、「消えた年金」については、今日の『朝、ズバッ!』でも引続き取上げていたが、みの・もんた氏は、「国は国民に弁償するべきだッ!」と強調していた。
 「政府は“救済”だというが、救済じゃないでしょ!『弁償するべき』なんだ」というのは尤もなことである。
 その続きで、この行方不明年金は60歳以上(2,810万件)だけではなく、現役世代にも膨大に存在し、20代にも及んでいると紹介していた。そして、みの氏は「20台にも行方不明があるということは、我々が何年も前からこの問題を取上げていたのに、つい最近までいい加減なことをしていたということじゃないか!」と、怒り心頭に達した様子で話していた。(通勤中の携帯ラジオの音声だけなので、グラフや表は見ていない)

 その通りであろう。つい先日までいい加減な仕事をしていた訳である。社会保険庁は国民から大切なお金を預かっていながらそのお金を管理もしていなかった。今やそのお金はどこにあるかさえ解らないのであろう。
 以前オレンジ共済事件という私的共済の不払い事件があって、これに虎の子を預けていた人が財産を失い、犯罪とされたが、社会保険庁はもっと大規模に『私的共済』並のいい加減さで公金を使い込んでしまったのだ。

 この構造的問題をうやむやにし、組織ごと責任も解体しようというのが、社会保険庁解体法案である。
 社会保険庁解体の真髄はこの責任を解体し、誰も責任を取らないためにこそ強行されようとしているのである。

 時効を無くすと言う自公の法案は、この構造的問題を不問にし、あいまいにして、国民の批判をかわすための目暗ましでしかない。

 この件について、当ブログでは5月24日に、記事【「宙に浮いた年金」5千万件】 を書いた。

 しかし、この問題に対する赤旗Web版の報道は、消極的だった。
本格的に論じたのは、本日(2007年5月30日)付けが始めてである。
「消えた年金」 国の責任で解決を
昨日(5/29)は、政府の対策を論じる中で触れたのみであり、
年金記録漏れ

一昨日(5/28)は、小池晃政策委員長がNHKで発言した内容として間接的に紹介しているだけであった。
社保庁解体 国の責任放棄

 今日も見出しには「五千万件」を使っていなかった。
これを冷静な報道と言うのだろうか?

ようやく、今日(5/30)の赤旗で、昨日付けの「消えた年金」問題に関する緊急要求 を発表したが、根本的解決策にはなっていないと思う。

*****************************
お読み頂き ありがとうございました。
日本の未来のために!クリックを!


*****************************
しんぶん「赤旗」などのお申し込みや入党の相談や
このブログへのメールは下記へどうぞ。
jcpmetal@yahoogroups.jp

日本共産党関連サイト更新情報 Feed-JCP


緊急提言は、以下をお読みください。
       ※※※※※   
スポンサーサイト



【“「消えた年金」5千万件”の続きを読む】

テーマ:年金 - ジャンル:政治・経済